ドゥエインジョンソンがワイスピに出ない理由とヴィンディーゼルとの本当の仲

ドゥエインジョンソンがワイスピに出ない理由とヴィンディーゼルとの本当の仲

ドゥエイン・ジョンソンさんといえば、プロレスラーとして活躍した後、俳優に転向して、数々の映画に出演してきたことで有名です。

しかし、そんなドゥエイン・ジョンソンさんは、映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』に出演せず、その理由が注目されていました。

はたして、ドゥエイン・ジョンソンさんに、なにがあったのでしょうか?

また、ドゥエイン・ジョンソンさんは、ヴィン・ディーゼルさんとの関係についても、いろいろうわさがあったようです。

はたして、ドゥエイン・ジョンソンさんとヴィン・ディーゼルさんの本当の仲とは、どうなっていたのでしょうか?

1.ドゥエイン・ジョンソンのプロフィール

ドゥエイン・ジョンソンさんは、197252日、アメリカ出身の49歳。

もともとは、「ザ・ロック」のリングネームによって、プロレスラーとして活躍してきました。

以後、USWAでは、USWAタッグ王座。

そしてWWEでは、WWE・インターコンチネンタル王座、WWF王座/WWE統一王座/WWE王座、2000年ロイヤルランブル優勝、WWF・世界タッグチーム王座、WCW王座/世界王座と、実にたくさんのタイトルを獲得しています。

一方で、ドゥエイン・ジョンソンさんは、1999年、ドラマ『ザット’70sショー』に出演したことによって、本格的にドラマデビュー。

2001年には、映画『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』に出演したことによって、本格的に映画デビューしました。

2002年には、映画『スコーピオン・キング』に出演したことによって、映画初主演。

2009年には、主演した映画『ウィッチマウンテン/地図から消された山』が大ヒットして、すっかり人気俳優となったのです。

そして2016年には、アニメ映画 『モアナと伝説の海』に出演したことによって、声優としてもデビューすることになったのでした。

そんなドゥエイン・ジョンソンさんは、これまでに、映画では、『ランダウン ロッキング・ザ・アマゾン』、『ワイルド・タウン/英雄伝説』、『G.I.ジョー バック2リベンジ』、『ランペイジ 巨獣大乱闘』、『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』、『ジュマンジ/ネクスト・レベル』など。

ドラマでは、『ザ・インターネット』、『スタートレック:ヴォイジャー』、『サタデー・ナイト・ライブ』、『ウェイバリー通りのウィザードたち』などといった作品に出演しています。

2.ヴィン・ディーゼルのプロフィール

ヴィン・ディーゼルさんは、1967718日、アメリカ出身の54歳。

俳優を志望したものの、挫折したヴィン・ディーゼルさんは、1994年、映画『Multi-Facial』を制作して、高評価を受けることに。

その後、1997年に、映画『ストレイ・ドッグ』への出演によって、本格的に映画デビューしました。

そして1998年には、映画『プライベート・ライアン』に出演したことによって、一躍、有名な存在となったのでした。

2001年には、映画『ワイルド・スピード』に主演し、同作をはじめ、シリーズ化された作品群は、すっかり、ヴィン・ディーゼルさんの俳優キャリアの最高峰となります。

そんなヴィン・ディーゼルさんは、これまでに、映画では、『トリプルX』、『コネクション マフィアたちの法廷』、『リディック: ギャラクシー・バトル』、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』、『ビリー・リンの永遠の一日』、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』などといった作品に出演しています。

3.ドゥエイン・ジョンソンが映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』に出ない理由

このように、ヴィン・ディーゼルさんやドゥエイン・ジョンソンさんが出演していた、映画『ワイルド・スピード』シリーズ。

ところが、ドゥエイン・ジョンソンさんが映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』に出演していないことが注目されていました。

この理由とは、どういうものだったのでしょう。

ドゥエイン・ジョンソンさんは、今後も映画『ワイルド・スピード』シリーズには出演しない意向とのこと。

これには、どうやらドゥエイン・ジョンソンさんとヴィン・ディーゼルさんの関係が影響していたようです。

そこで、次でこのことについて見ていきましょう。

4.ドゥエイン・ジョンソンとヴィン・ディーゼルとの本当の仲

では、ドゥエイン・ジョンソンさんとヴィン・ディーゼルさんのあいだには、問題でもあったのでしょうか。

両者の本当の仲が気になりますが、これは事実でした。

実は、ヴィン・ディーゼルさんは、映画『ワイルド・スピード』シリーズのプロデューサーでもあります。

しかし、ドゥエイン・ジョンソンさんは、そんなヴィン・ディーゼルさんのやり方にいい感情を持っていなかったのでした。

実際に、ドゥエイン・ジョンソンさんは、SNSにて、映画で自分が本気で怒っているように見えたら、演技じゃなく本気だからとまで語っていたのです。

ドゥエイン・ジョンソンさんが映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』に出なかった理由には、おどろきましたね。

ドゥエイン・ジョンソンさんも、ヴィン・ディーゼルさんも、必要不可欠な俳優である以上、仲たがいに終止符が打たれることを願いたいものです。

はたして、その日はいつやってくるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)