ポール・ウォーカーの兄弟の画像や経歴とスカイミッション代役シーン

ポール・ウォーカーの兄弟の画像や経歴とスカイミッション代役シーン

今は亡き名優として、その名が挙げられる1人として、ポール・ウォーカーさんがいます。

ポール・ウォーカーさんといえば、映画『ワイルド・スピード/スカイミッション』を最後に亡くなってしまい、世界中に悲しみをもたらすことになってしまいました。

しかし、ポール・ウォーカーさんには、兄弟がいて、こちらが話題になっていたのですね。

そこで、この記事では、ポール・ウォーカーさんの兄弟について、特集していきたいと思います。

ポール・ウォーカーさんの兄弟の画像や経歴とは、そして、ポール・ウォーカーさん亡き後、映画『ワイルド・スピード/スカイミッション』で代役を務めたシーンとは

1.ポール・ウォーカーのプロフィール

ポール・ウォーカーさんは、1973912日、アメリカ出身。

これまでに映画では、『タイムライン』、『南極物語』、『父親たちの星条旗』、『スティーラーズ』、『フルスロットル』といった作品に出演してきました。

なかでも、映画『ワイルド・スピード』シリーズのブライアン・オコナー役ははまり役に。

しかし、20131130日、交通事故によって、40歳という若さで亡くなったのです。

まだ映画『ワイルド・スピード/スカイミッション』の撮影中の悲劇でした。

2.ポール・ウォーカーの兄弟の画像や経歴

このように、惜しまれつつ早世したポール・ウォーカーさん。

ですが、遺作の映画『ワイルド・スピード/スカイミッション』は、兄弟のコディ・ウォーカーさん、カレブ・ウォーカーさんが代役になって仕上げました。

コディ・ボー・ウォーカーさんは、1988613日、アメリカ出身の33歳。

これまでに映画では、『パシフィック・ウォー』、『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』といった作品に出演してきました。

ポール・ウォーカーさん、コディ・ウォーカーさん、カレブ・ウォーカーさんがそろった画像を見ても、さすが兄弟だけによく似ています。

この投稿をInstagramで見る

Cody Walker(@codybwalker)がシェアした投稿

きっと、ポール・ウォーカーさんも代役してくれたことに感謝してくれたに違いありません。

3.映画『ワイルド・スピード/スカイミッション』とは

ポール・ウォーカーさんの遺作となった映画『ワイルド・スピード/スカイミッション』についても、見ていきましょう。

映画『ワイルド・スピード/スカイミッション』は、映画『ワイルド・スピード』シリーズの第7作目。

ジェームズ・ワン監督作品です。

ドミニク・トレットが、デッカード・ショウというイギリス特殊部隊員だった男から狙われていき、戦っていくというストーリーでした。

キャストは、ドミニク・トレット役がヴィン・ディーゼルさん。

ブライアン・オコナー役がポール・ウォーカーさん、コディ・ウォーカーさん、カレブ・ウォーカーさん。

ルーク・ホブス役がドウェイン・ジョンソンさん。

レティ・オルティス役がミシェル・ロドリゲスさん。

ミア・トレット役がジョーダナ・ブリュースターさん。

ローマン・ピアース役がタイリース・ギブソンさん。

テズ・パーカー役がクリス・リュダクリス・ブリッジスさん。

エレナ・ネベス役がエルサ・パタキーさん。

デッカード・ショウ役がジェイソン・ステイサムさん。

ミスター・ノーバディ役がカート・ラッセルさん。

ラムジー役がナタリー・エマニュエルさん。

モーゼ・ジャカンディ役がジャイモン・フンスーさん。

キエット役がトニー・ジャーさん。

カーラ役がロンダ・ラウジーさん。

サファー役がアリ・ファザルさん。

シェパード役がジョン・ブラザートンさん。

マンド役がロメオ・サントスさん。

ヘクター役がノエル・グーリーエミーさん。

サマンサ・ホブス役がエデン・エストレヤさん。

スターター役がレヴィ・トランさん。

セレブDJ役がT-ペインさん。

ジャスミン役がブリティニー・アルガーさん。

ショーン・ボズウェル役がルーカス・ブラックさん。

トゥインキー役がシャド・モスさん。

ニーラ役がナタリー・ケリーさん。

ハン・ソウルオー役がサン・カンさん。

オーウェン・ショウ役がルーク・エヴァンズさん。

そしてジゼル・ヤシャール役がガル・ガドットさんとなっています。

4.ポール・ウォーカーの兄弟の映画『ワイルド・スピード/スカイミッション』代役シーン

コディ・ウォーカーさん、カレブ・ウォーカーさんが、ポール・ウォーカーさんの代役を務めたのは、映画『ワイルド・スピード/スカイミッション』のどのシーンだったのでしょうか。

ファミリーが橋の上で並んでいるシーン、ミスター・ノーバディを助け出すシーン、高層ビルから別の高層ビルに飛び移るシーン、そして、エンディングシーンでした。

まさか、これだけあったとはおどろきですね。

それにしましても、あまりにもそっくりで、本人と見分けがつかないのがおどろきです。

まとめ

ポール・ウォーカーさんが若くして亡くなったのは大きな損失でした。

しかし、コディ・ウォーカーさん、カレブ・ウォーカーさんによって、映画『ワイルド・スピード/スカイミッション』が完成したのは見事です。

今後も、コディ・ウォーカーさん、カレブ・ウォーカーさんの活躍を願いたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)