リュダクリスの経歴|テズ役で出たワイスピ一覧や出演経緯と人気楽曲

リュダクリスの経歴|テズ役で出たワイスピ一覧や出演経緯と人気楽曲

今回は、ラッパーとして活躍しているリュダクリスさんについて、お届けしていきたいと思います。

さて、そんなリュダクリスさんといえば、ラッパーだけにとどまらずに、俳優としても大活躍してきました。

なかでも、リュダクリスさんの有名な出演作として知られているのが、映画『ワイルド・スピード』シリーズ。

そこで、ここでは、リュダクリスさんが、映画『ワイルド・スピード』シリーズでテズ役を演じて来た作品、出演の経緯について、調べてみました。

また、リュダクリスさんのラッパーとしての人気曲についても、見てまいりましょう。

1.リュダクリスのプロフィール

リュダクリスさんは、1977911日、アメリカ出身の44歳。

身長は173cmでした。

ラジオ番組『Chris Lova Lova』でラジオパーソナリティーとして人気になったリュダクリスさんは、ラッパーとしてカリスマになっていくことに。

そして自主制作によって、アルバム『インコグネグロ』をリリースして、音楽活動をスタートさせたのです。

その後、リュダクリスさんは、2004年には、グラミー賞最優秀ラップ・コラボレーション賞を受賞。

しかし、リュダクリスさんは、音楽活動のみならず、俳優としてもデビューすることになって、後述のとおり、たくさんの映画に出演していったのでした。

一方、リュダクリスさんは、貧困活動にも取り組み、貧困の子供たちを支援するLudacris Foundationを設立しています。

また、プライベートでは、2014年に、ユードクシーさんとゴールイン。

2015年には、長女が生まれたのでした。

リュダクリスさんは、これまでに、映画では、『クラッシュ』、『ハッスル&フロウ』、『ロックンローラ』、『マックス・ペイン』、『ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー』、『抱きたいカンケイ』、『ニューイヤーズ・イブ』といった作品に出演しています。

続いては、そんなリュダクリスさんの映画『ワイルド・スピード』シリーズにおける活躍を確認していきたいと思いますので、ご覧ください。

2.リュダクリスのテズ役で出た映画『ワイルド・スピード』シリーズ一覧

それでは、リュダクリスさんが、これまでにテズ役にて出演してきた、映画『ワイルド・スピード』シリーズはどうなっていたのか、見てまいりましょう。

リュダクリスさんが、テズ役にて初出演したのは、2003年の映画『ワイルド・スピードX2』でした。

主役であるブライアンのもともとの友達だったという設定。

その後第3・第4作には出演せず、2011年の映画『ワイルド・スピード MEGA MAX』に再登場。

次の登場は次作の2013年の映画『ワイルド・スピード EURO MISSION』。

さらに2015年の映画『ワイルド・スピード SKY MISSION』、2016年の映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』に出演することで、「テズ」はシリーズに欠かすことの出来ない重要キャラとなりました。

そして2021年の映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』にも出演。

映画『ワイルド・スピード』シリーズは、最新作である映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』で、実に、9作目になります。

そのうち、リュダクリスさんは、なんと、6作と、多数にわたって出演していたのですね。

映画『ワイルド・スピード』シリーズのファンの方にとっては、リュダクリスさんは、すっかり親しみ深いキャストであると言えるのではないでしょうか。

しかも、リュダクリスさんの場合、映画『ワイルド・スピードX2』が、本格的な映画デビュー作となっていますので、映画『ワイルド・スピード』シリーズは、彼の俳優としてのキャリア形成のうえで、その影響はけっして小さくなかったと思いますね。

これからも、リュダクリスさんの映画『ワイルド・スピード』シリーズへの出演に期待しましょう。

3.リュダクリスの映画『ワイルド・スピード』シリーズへの出演経緯

それでは、リュダクリスさんが映画『ワイルド・スピード』シリーズに出演することになった経緯とは、何だったのでしょうか。

こちらは、ハッキリしたことは分かっていません。

ただし、テズは、裏社会を仕切っているという、怖いキャラクター。

しかし、その一方で、ハッカーとして活動していたり、コミカルな一面も持っているなど、なかなかはばひろい人物でもあったのでした。

だれでも演じられるキャラクターではありませんし、リュダクリスさんの演技力がおおいに認められたのが、抜てき理由としてあったことは、間違いないでしょうね。

4.リュダクリスの人気楽曲を調査

ここまで、もっぱら、リュダクリスさんの、映画『ワイルド・スピード』シリーズでの活躍について、見てきました。

さて、おしまいは、リュダクリスさんの本業であるラッパー活動です。

リュダクリスさんの楽曲のうち、とくに人気だった楽曲には、どういうものがあったのでしょうか。

ソロしては、「Act A Fool (MTV Version)」、「Get Back」、「How Low」。

コラボとしては、「My Chick Bad ft. Nicki Minaj」、「Rest Of My Life ft. Usher, David Guetta」などがあります。

お聴きになっていない方は、試聴してみることをおすすめしておきたいと思います。

リュダクリスさんは、映画『ワイルド・スピード』シリーズをはじめ、たくさんの映画で活躍していたのですね。

また、ラッパーとしても顕著な実績の持ち主なのでした。

これからも、そんなリュダクリスさんの動きから、まだまだ目が離せなくなることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)