タランティーノ監督次回作映画The Hateful Eightの脚本をリークした人物とは

タランティーノ監督次回作映画The Hateful Eightの脚本をリークした人物とは

今回は、ハリウッドを代表する映画監督であるクエンティン・タランティーノさんについて、見ていきたいと思います。

これまでにカルト的な人気のある問題作を発表してきたことで知られている、クエンティン・タランティーノさん。

さて、そんなクエンティン・タランティーノさんといえば、次回作になるはずだった映画の脚本をリークされるという、とんでもない目に遭っていたとのこと。

はたして、クエンティン・タランティーノさんの次回作になるはずだった映画の脚本をリークした人物とは誰だったというのでしょうか

それでは、さっそく、ご覧ください。

1.クエンティン・タランティーノのプロフィール

クエンティン・タランティーノさんは、1963327日、アメリカ出身の58歳。

1992年、映画『レザボア・ドッグス』によって、はれて映画監督としてデビューすることになります。

この映画『レザボア・ドッグス』は、いきなりカンヌ国際映画祭の特別招待作品となり、名声を獲得したのでした。

そんなクエンティン・タランティーノさんの映画監督としての不動の地位を決定づけることになったのが、1994年の映画『パルプ・フィクション』。

こちらは、その複雑な脚本でおおいに話題に。

そしてクエンティン・タランティーノさんは、本作で、カンヌ国際映画祭パルム・ドール、アカデミー賞脚本賞などを受賞するという、大変な快挙となったのです。

以後も、クエンティン・タランティーノさんは、2003年の映画『キル・ビル Vol.1』や、2004年の映画『キル・ビル Vol.2』で評判になりました。

そして2012年には、映画『ジャンゴ 繋がれざる者』でアカデミー賞脚本賞。

2019年には、映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』でゴールデングローブ賞作品賞を受賞したのです。

クエンティン・タランティーノさんは、さらに、『ジャッキー・ブラウン』、『デス・プルーフ in グラインドハウス』、『イングロリアス・バスター』、『ヘイトフル・エイト』といった映画を監督してきました。

これからも、そんなクエンティン・タランティーノさんの動向から、まったく目が離せそうにありませんね。

2.クエンティン・タランティーノの次回作だった映画『The Hateful Eight』の脚本がリークされる

さて、クエンティン・タランティーノさんといえば、次回作だった映画の脚本がリークされるという、奇妙なトラブルに巻き込まれていました。

これは、どういうことだったのでしょうか。

クエンティン・タランティーノさんが脚本をリークされた次回作だった映画とは、映画『The Hateful Eight』というもの。

事件が起こったのは、2014年のことです。

脚本は、クエンティン・タランティーノさんが執筆しており、その後、俳優やスタッフに見せたとのこと。

ところが、これが流出してしまったため、俳優やスタッフのうちの誰かによってリークされたのは間違いないと、クエンティン・タランティーノさんは激怒。

結局、映画『The Hateful Eight』が制作されることはありませんでした。

これまでに多数の傑作を輩出してきたクエンティン・タランティーノさんだけに、なんとも惜しい限りではないでしょうか。

3.クエンティン・タランティーノの次回作だった映画『The Hateful Eight』の脚本をリークした人物とは

それではクエンティン・タランティーノさんが執筆した、次回作だった映画『The Hateful Eight』の脚本をリークした人物というのは、誰だったのでしょうか。

結論からいえば、クエンティン・タランティーノさんが脚本を見せた人物は、以下のとおりでした。

俳優が、ティム・ロスさん、マイケル・マドセンさん、ブルース・ダーンさん。

そしてスタッフが、プロデューサーなど、複数です。

クエンティン・タランティーノさんいわく、ティム・ロスさんは犯人ではないとのこと。

いずれにせよ、このなかに犯人はいそうですが、いったい、だれだというのか、謎は深まるばかりなのでした。

4.クエンティン・タランティーノの次回作となる映画とは

このようにして、幻の作品となってしまった、クエンティン・タランティーノさんの映画『The Hateful Eight』。

それでは、最新映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の次回作となる映画とは、何だったのでしょうか。

実は、クエンティン・タランティーノさんは、現在、監督作は9作目という寡作な映画監督ですが、10作目をもって、映画監督を引退すると公言していたのでした。

この10作目ですが、映画『スタートレック』になるとみられているようです。

映画『スタートレック』が楽しみな一方、これが最後になるかと思うと複雑ですね。

クエンティン・タランティーノさんは、説明するまでもない伝説的な映画監督の1人です。

しかし、よりによって、次回作だった映画の脚本を何者かによってリークされていたとはおどろきでした。

次回作で映画監督を引退してしまう予定なのも気になりますが、個人的には撤回していただきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)