ボンドガール歴代80人と日本人女優二人の経歴や画像

ボンドガール歴代80人と日本人女優二人の経歴や画像

映画『007』シリーズといえば、世界的に有名なスパイ映画ですね。

さて、主人公のジェームズ・ボンドもさることながら、このシリーズといえば、ヒロインのボンドガールも注目されてきました。

そこで、この記事では、映画『007』シリーズのボンドガールたちを取り上げていきたいと思います。

ボンドガールたち歴代80人とは、どのような顔ぶれになっていたのでしょうか。

また、実は日本人女優も2人いたため、彼女たちの経歴についても、見ていきたいと思います。

それでは、さっそく、こういったボンドガールに関する話題について、ご覧ください。

1.映画『007』シリーズとは

映画『007』シリーズは、1962年公開の第1作の映画『007 ドクター・ノオ』でスタート。

created by Rinker
¥1,222 (2021/09/18 14:25:44時点 Amazon調べ-詳細)

以降、第2作の映画『007 ロシアより愛をこめて』。

3作の映画『007 ゴールドフィンガー』。

4作の映画『007 サンダーボール作戦』。

created by Rinker
¥1,731 (2021/09/18 14:25:46時点 Amazon調べ-詳細)

5作の映画『007は二度死ぬ』。

created by Rinker
¥1,731 (2021/09/18 14:25:47時点 Amazon調べ-詳細)

6作の映画『女王陛下の007 』。

created by Rinker
¥1,222 (2021/09/17 16:46:35時点 Amazon調べ-詳細)

7作の映画『007 ダイヤモンドは永遠に』。

created by Rinker
¥1,544 (2021/09/17 16:46:36時点 Amazon調べ-詳細)

8作の映画『007 死ぬのは奴らだ』。

created by Rinker
¥1,500 (2021/09/18 09:42:41時点 Amazon調べ-詳細)

9作の映画『007 黄金銃を持つ男』。

created by Rinker
¥1,731 (2021/09/18 14:25:48時点 Amazon調べ-詳細)

10作の映画『007 私を愛したスパイ』。

created by Rinker
¥1,731 (2021/09/17 16:46:37時点 Amazon調べ-詳細)

11作の映画『007 ムーンレイカー』。

created by Rinker
¥1,731 (2021/09/17 16:46:38時点 Amazon調べ-詳細)

12作の映画『007 ユア・アイズ・オンリー』。

created by Rinker
¥5,015 (2021/09/18 14:25:48時点 Amazon調べ-詳細)

13作の映画『007 オクトパシー』。

created by Rinker
¥1,731 (2021/09/18 09:42:42時点 Amazon調べ-詳細)

14作の映画『007 美しき獲物たち』。

15作の映画『007 リビング・デイライツ』。

16作の映画『007 消されたライセンス』。

created by Rinker
¥1,222 (2021/09/17 16:46:39時点 Amazon調べ-詳細)

17作の映画『007 ゴールデンアイ』。

created by Rinker
¥1,980 (2021/09/18 09:42:47時点 Amazon調べ-詳細)

18作の映画『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』。

created by Rinker
20th Century Fox Jp
¥1,868 (2021/09/18 14:25:50時点 Amazon調べ-詳細)

19作の映画『007 ワールド・イズ・ノット・イナフ』。

created by Rinker
¥1,222 (2021/09/18 09:45:08時点 Amazon調べ-詳細)

20作の映画『007 ダイ・アナザー・デイ』。

21作の映画『007 カジノ・ロワイヤル』。

22作の映画『007 慰めの報酬 』。

23作の映画『007 スカイフォール』。

24作の映画『007 スペクター』。

created by Rinker
¥960 (2021/09/18 14:25:52時点 Amazon調べ-詳細)

そして2020年公開の第25作の映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』を経て、現在に至っています。

created by Rinker
¥2,168 (2021/09/18 09:42:44時点 Amazon調べ-詳細)

↑サントラです。

2.映画『007』シリーズのボンドガールとは

映画『007』シリーズにおけるボンドガールとは、劇中に登場する女性キャラクターの総称です。

具体的には、ジェームズ・ボンドと関係を持った女性キャラクターでした。

パターンとしては、ジェームズ・ボンドの敵だったスパイが多め。

一方で、ジェームズ・ボンドの助手、ジェームズ・ボンドの敵ではないスパイといったケースもみられます。

3.映画『007』シリーズのボンドガールの一覧

では、映画『007』シリーズにおけるボンドガールを確認していきましょう。

なお、総勢80名ですが今回はボリュームの都合上、一つの作品に複数ボンドガールがいる場合は、代表的な人物だけまとめました。

1作の映画『007 ドクター・ノオ』では、ウルスラ・アンドレスさん。

2作の映画『007 ロシアより愛をこめて』では、ダニエラ・ビアンキさん。

3作の映画『007 ゴールドフィンガー』では、オナー・ブラックマンさん。

4作の映画『007 サンダーボール作戦』では、クローディーヌ・オージェさん。

5作の映画『007は二度死ぬ』では、ツァイ・チンさん。

6作の映画『女王陛下の007 』では、ダイアナ・リグさん。

7作の映画『007 ダイヤモンドは永遠に』では、ジル・セント・ジョンさん。

8作の映画『007 死ぬのは奴らだ』では、ジェーン・シーモアさん。

9作の映画『007 黄金銃を持つ男』では、ブリット・エクランドさん。

10作の映画『007 私を愛したスパイ』では、バーバラ・バックさん。

11作の映画『007 ムーンレイカー』では、ロイス・チャイルズさん。

12作の映画『007 ユア・アイズ・オンリー』では、キャロル・ブーケさん。

13作の映画『007 オクトパシー』では、モード・アダムスさん。

14作の映画『007 美しき獲物たち』では、タニア・ロバーツさん。

15作の映画『007 リビング・デイライツ』では、マリアム・ダボさん。

16作の映画『007 消されたライセンス』では、キャリー・ローウェルさん。

17作の映画『007 ゴールデンアイ』では、イザベラ・スコルプコさん。

18作の映画『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』では、ミシェール・ヨーさん。

19作の映画『007 ワールド・イズ・ノット・イナフ』では、ソフィー・マルソーさん。

20作の映画『007 ダイ・アナザー・デイ』では、ハル・ベリーさん。

21作の映画『007 カジノ・ロワイヤル』では、エヴァ・グリーンさん。

22作の映画『007 慰めの報酬 』では、オルガ・キュリレンコさん。

23作の映画『007 スカイフォール』では、ベレニス・マーロウさん。

24作の映画『007 スペクター』では、モニカ・ベルッチさん。

そして第25作の映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』では、レア・セドゥさんでした。

4.映画『007』シリーズのボンドガールの日本人女優二人の経歴

おしまいに、映画『007』シリーズで、日本人で唯一ボンドガールになった、若林映子さんと浜美枝さんのプロフィールを見ておきましょう。

若林映子さんと浜美枝さんは、映画『007は二度死ぬ』に出演しています。

①若林映子

 

若林映子さんは、19391213日、東京都出身の81歳。

これまでに映画では、『キングコング対ゴジラ』、『宇宙大怪獣ドゴラ』、『三大怪獣 地球最大の決戦』といった作品に出演してきました。

②浜美枝

浜美枝さんは、19431120日、東京都出身の77歳。

これまでに映画では、『キングコング対ゴジラ』、『日本一の色男』、『じゃじゃ馬ならし』といった作品に出演してきました。

二人とも当時としてはファッションアイコン的な、時代を象徴するような女優さん。

現在改めて見ても非常に魅力的ですよね。

以上、今回は、映画『007』シリーズを彩ってきたボンドガールについて、特集してきました。

まさか、これだけの人たちが登場していたとは、非常におどろきですよね。

日本人がいたことも新鮮でした。

今後もあらたなボンドガールに注視していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)