ヴィン・ディーゼルの子供3人|名字が違う理由や息子のワイスピ9出演シーン

ヴィン・ディーゼルの子供3人|名字が違う理由や息子のワイスピ9出演シーン

今回は、ヴィン・ディーゼルさんについて、ピックアップしていきたいと思います。

映画『ワイルド・スピード』シリーズであまりにも有名な存在である、ヴィン・ディーゼルさん。

最新作である映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』(『ワイルド・スピード9』)における主演で、ますます注目されていました。

さて、ここでは、そんなヴィン・ディーゼルさん本人もさることながら、その3人の子供についてもご紹介していきます。

ヴィン・ディーゼルさんの3人の子供は、名字が違ったのですが、その理由はなんだったのでしょうか?

また、ヴィン・ディーゼルさんの子供が、映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』(『ワイルド・スピード9』)に出演しますので、出演シーンと役柄も追っていきましょう。

1.ヴィン・ディーゼルのプロフィール

まずは、ヴィン・ディーゼルさんのプロフィールを見ていきましょう。

ヴィン・ディーゼルさんは、1967718日、アメリカ出身の54歳。

意外なことに、「ヴィン・ディーゼル」は芸名で、本名はマーク・シンクレア・ヴィンセントといいます。

もともと俳優志望だったものの、意外にも当初は挫折してしまったという、ヴィン・ディーゼルさん。

しかし、その後、1994年に、映画『Multi-Facial』を制作したことによって、高く評価されたのです。

そして1997年に、映画『ストレイ・ドッグ』への出演によって、映画俳優として本格的に活動をスタートさせたのでした。

そんなヴィン・ディーゼルさんは、1998年には、映画『プライベート・ライアン』に出演したことによって、活躍の場を広げていくこととなったのです。

2001年には、ヴィン・ディーゼルさんのキャリアハイとなった映画『ワイルド・スピード』に主演し、映画『ワイルド・スピード』シリーズは、すっかり人気シリーズとなりました。

そんなヴィン・ディーゼルさんは、これまでに、映画では、『トリプルX』、『コネクション マフィアたちの法廷』、『リディック: ギャラクシー・バトル』、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』、『ビリー・リンの永遠の一日』、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』などの作品で活躍しています。

今後もヴィン・ディーゼルさんの動向から目が離せそうにありませんね。

2.映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』とは

ヴィン・ディーゼルさんは、2021年公開の映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』(『ワイルド・スピード9』)にも主演しています。

映画『ワイルド・スピード』シリーズの第9作目でした。

ジャスティン・リン監督作品です。

キャストは、主人公のドミニク・トレット役をヴィン・ディーゼルさん。

ほか、レティ・オルティス役をミシェル・ロドリゲスさん。

ミア・トレット役をジョーダナ・ブリュースターさん。

ローマン・ピアース役をタイリース・ギブソンさん。

テズ・パーカー役をクリス・リュダクリス・ブリッジスさんが演じていました。

それでは、映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』(『ワイルド・スピード9』)のストーリーの概要を見ていきましょう。

ドミニク・トレットは、息子のブライアン、そしてレティ・オルティスといっしょに暮しています。

ところが、そんなドミニク・トレットのもとに、ローマン・ピアース、テズ・パーカーたちがやって来ました。

そこでドミニク・トレットは、ミスター・ノーバディが襲撃されたことを知り、またトラブルに巻き込まれていくことになるのです。

3.ヴィン・ディーゼルの子供3人の名字が違う理由

さて、そんなヴィン・ディーゼルさんには、子供がいました。

結婚はしていないものの、パロマジメンネズさんというモデルとのあいだに生まれていたのです。

そんな2人のあいだに生まれたのは、2008年誕生の長女のハニア、2010年誕生の長男のヴィンセント、2015年誕生の次女のポーリーンという名前。

ネット上ではこのように出てきます。

しかしプロフィールで触れたように、ヴィン・ディーゼルさんの本名は「マーク・シンクレア・ヴィンセント」。

長男がネット記事の通りの名前であるとしたら、「ヴィンセント・シンクレア・ヴィンセント」になってしまいますよね。

ミドルネームが三人とも同じというのはどうなのか?

調べたところ「シンクレア」は母親の旧姓でした。

つまり、ヴィン・ディーゼルさんの本名であるマーク・シンクレア・ヴィンセントの「シンクレア・ヴィンセント」は名字にあたるわけです。

英語記事を見ると長男の名前は「Vincent Sinclair」となっていますので、息子はおそらく単に「シンクレア」が名字なんでしょう。

子どもたちはみんな「シンクレア」性なのかもしれません。

結論としては、ヴィン・ディーゼルさんの名字は「シンクレア・ヴィンセント」、子どもたちの名字は「シンクレア」ということで、良いかと思います。

親子で名字が違う理由は、子どもたちは母親(子どもたちから見れば祖母)の旧姓が名字になっているからということになりますが、少々奇妙な気がしますね。

実際のところはちょっとどうなのかわかりません。

そのうちはっきりすればいいですね。

因みに次女ポーリーンの名前は、映画『ワイルド・スピード』シリーズで共演していた友人でもあった故ポール・ウォーカーさんが由来だったとのこと。

4.ヴィン・ディーゼルの息子のワイスピ9出演シーンと役柄

ヴィン・ディーゼルさんの長男のヴィンセントは、なんと、映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』(『ワイルド・スピード9』)に出演していました。

親子そろって、すごいことですね。

なお、ヴィンセントの映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』(『ワイルド・スピード9』)における出演シーンは、ドミニク・トレットの回想シーン。

役柄は、ドミニク・トレットの幼少期とのことでした。

父親が死ぬレースシーンはかなりの時間を使っていましたが、幼少期はほんの一瞬ですので、劇場で見る際には見逃さないようにしたいですね。

ヴィン・ディーゼルさんといい、息子といい、映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』(『ワイルド・スピード9』)における活躍が楽しみです。

親子そろってドミニク・トレット役を演じるだけに、いっそう興味は尽きません。

今後も親子共演はあるのか、非常に気になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)