レオナルド・ディカプリオの体重|タイタニックの時から現在までの変遷

レオナルド・ディカプリオの体重|タイタニックの時から現在までの変遷

ハリウッドを代表するスターである、レオナルド・ディカプリオさん。

これまでに、たくさんに名作に出演して、数多くの観客を沸かせてきました。

そんなレオナルド・ディカプリオさんといえば、その美貌でも有名ですが、一方では、体重も注目されています。

というのも、ブレイクした少年時代は、いたってスマートだったのが、その後、次第に肥満気味になってしまったからでした。

それでは、レオナルド・ディカプリオさんの、映画『タイタニック』から現在にいたるまでの主要作品ごとの体重の変遷とは、どうなっていたのか、見てまいりましょう。

1.レオナルド・ディカプリオのプロフィール

レオナルド・ディカプリオさんは、19741111日、アメリカ出身の46歳。

1991年、映画『クリッター3』、ドラマ『愉快なシーバー家』への出演によって、本格的に俳優としての活動をスタートさせることになりました。

1993年に出演した映画『ギルバート・グレイプ』では、アカデミー助演男優賞にノミネートされて、注目を集めることになります。

1996年に出演した映画『ロミオ+ジュリエット』では、ベルリン国際映画祭において銀熊賞 (男優賞)を受賞して、一躍、有名俳優となったのでした。

そして1997年に出演した映画『タイタニック』では、作品そのものが世界的にヒットしたうえ、レオナルド・ディカプリオさん自体も爆発的な人気者となって、世界中でブームとなることに。

これまでに、レオナルド・ディカプリオさんが出演してきた作品は、映画では、『仮面の男』、『ザ・ビーチ』、『ギャング・オブ・ニューヨーク』、『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』、『アビエイター』、『ブラッド・ダイヤモンド』、『シャッター アイランド』、『インセプション』、『J・エドガー』、『ジャンゴ 繋がれざる者』、『華麗なるギャツビー』、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』、『レヴェナント: 蘇えりし者』、『地球が壊れる前に』などとなっていました。

受賞歴は、アカデミー主演男優賞、英国アカデミー賞 主演男優賞、ゴールデングローブ賞 主演男優賞(ドラマ部門)、ゴールデンラズベリー賞ワースト・スクリーン・カップル賞、などとなっています。

さて、このように、輝かしいキャリアの持ち主であった、レオナルド・ディカプリオさん。

しかし、その一方では、若かったころはスマートだった体型が、劇的に肥満気味になってしまって、話題になりました。

そこで、レオナルド・ディカプリオさんの体重は、映画『タイタニック』から現在に至るまで、どのように移り変わっていたのか、見てまいりましょう。

2.レオナルド・ディカプリオの体重|映画『タイタニック』の時

レオナルド・ディカプリオさんを一躍、国際的なスターに押し上げた、映画『タイタニック』。

1997年公開のジェームズ・キャメロン監督作品です。

実際にあったタイタニック号の沈没事故を舞台に、ジャックとローズの悲恋を描いたことによって、記録的大ヒットとなりました。

このときのレオナルド・ディカプリオさんは、いたってスリムで、あたかも王子のような恵まれすぎたルックスによって、一気に世界中のカリスマに。

肝心の体重は不明でしたが、体型的にしっかりと均整がとれていたことは言うまでもありません。

3.レオナルド・ディカプリオの体重|映画『ディパーテッド』の時

映画『タイタニック』から約10年が過ぎ、レオナルド・ディカプリオさんも大人の貫禄が増してきたのが、2006年公開の映画『ディパーテッド』でした。

マーティン・スコセッシ監督作品です。

ボストンを舞台に、マフィアのボスのコステロを倒すため、警察官のビリーが潜入捜査していくというハードボイルドな内容でした。

肝心の体重はやはり不明でしたが、映画『タイタニック』時代と比較すると、がっしりしてきた感じでした。

4.レオナルド・ディカプリオの体重|映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の時

さて、映画『ディパーテッド』からさらに約10年が過ぎ、レオナルド・ディカプリオさんもすっかり中年となったのが、2019年公開の映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』でした。

クエンティン・タランティーノ監督作品。

1960年代のハリウッドを舞台として、実際に起こった、女優のシャロン・テートさんがチャールズ・マンソン・ファミリーに殺害された事件を描くという異色作です。

一方、肝心のレオナルド・ディカプリオさんの体型は、身長が183センチ、体重が77キロとなっていました。

そこまで極端な肥満には見えませんが、以前がよほどスリムだったのでしょうか。

ここまで、レオナルド・ディカプリオさんについて、見てまいりました。

一般的には、世界的なイケメン俳優として知られてきたはずでしたが、実際には、いろいろとあったのですね。

もっとも、俳優としての名声は不動ですし、これからもさらなる映画での活躍などに注目していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)