映画トップガンの「マーヴェリック」の意味と「ママに嫌われたの?」と聞かれた理由

映画トップガンの「マーヴェリック」の意味と「ママに嫌われたの?」と聞かれた理由

1986年に公開され、青春もの、アクションものとして好評を博した、映画『トップガン』。

2021年には、続編の映画『トップガン マーヴェリック』も公開予定だけに、ピックアップしていきたいと思います。

さて、そんな映画『トップガン』といえば、主人公のパイロットのマーヴェリックが人気になって、おおいに話題となりました。

それでは、映画『トップガン』とは、いったい、どのような内容だったというのか、これから確認していきましょう。

なお、主人公のマーヴェリックは本名ではなく通称ですが、この意味や由来とは

また、映画『トップガン』にて、教官にママに嫌われたのと聞かれた理由についても、調べてみました。

1.映画『トップガン』のキャスト

映画『トップガン』で、主人公のマーヴェリック役を演じているのは、トム・クルーズさんです。

ほか、チャーリー役を演じているのは、ケリー・マクギリスさん。

アイスマン役を演じているのは、ヴァル・キルマーさん。

グース役を演じているのは、アンソニー・エドワーズさん。

ヴァイパー役を演じているのは、トム・スケリットさん。

ジェスター役を演じているのは、マイケル・アイアンサイドさん。

クーガー役を演じているのは、ジョン・ストックウェルさん。

ウルフマン役を演じているのは、バリー・タブさん。

スライダー役を演じているのは、リック・ロソヴィッチさん。

マーリン役を演じているのは、ティム・ロビンスさん。

サンダウン役を演じているのは、クラレンス・ギルヤード・Jrさん。

ハリウッド役を演じているのは、ウィップ・ヒューブリーさん。

スティンガー役を演じているのは、ジェームズ・トールカンさん。

キャロル・ブラッドショウ役を演じているのは、メグ・ライアンさん。

そしてチッパー役を演じているのは、エイドリアン・パスダーさんでした。

2.映画『トップガン』のあらすじ

ピート・ミッチェル、通称マーヴェリックは、アメリカ海軍のパイロット。

技術はあったものの、父親の死をめぐって陰のある男でもありました。

そんななか、マーヴェリックは、グース、クーガー、マーリンとともに、国籍不明のMiG-28と対峙することになります。

なんとか、MiG-28を撃退することに成功した、マーヴェリックたち。

やがて、マーヴェリックとグースは、トップガンと称される学校に行き、航空戦の勉強に励むことになりました。

そして、マーヴェリックは、教官のチャーリーと出会い、2人は交際に発展します。

その後、マーヴェリックは、教官のヴァイパー、ライバルのアイスマンらとの毎日を過ごしていくのでした。

しかしながら、訓練していたところ、グースが事故死してしまったことで、マーヴェリックはショックを受けてしまいます。

3.映画『トップガン』の「マーヴェリック」の意味や由来

さて、このような映画『トップガン』なのですが、主人公のピート・ミッチェルの通称の「マーヴェリック」には、どういう意味や由来があったのでしょうか。

実は、「マーヴェリック」には、どういった組織等にも所属していないとか、一匹狼といった意味があったのでした。

ちなみに、映画『トップガン』において、主人公のマーヴェリックには、一匹狼の傾向があり、あまり仲間とうまくやっていくことができません。

そのため、劇中での通称に使われたのは、文字通りであるといえるでしょう。

一方、「マーヴェリック」の由来は、サミュエル・マーヴェリックという、アメリカのテキサスを開拓した人物だとされています。

サミュエル・マーヴェリックは、識別する都合上、牛に焼き印を押すことになっていたのに、これをしなかったことで、変わり者とみなされていたとのこと。

よって、映画『トップガン』のマーヴェリックも含め、人とは違った点がある人をポジティブじゃない意味で「マーヴェリック」と呼ぶようになったようですね。

4.映画『トップガン』で教官に「ママに嫌われたの?」と聞かれた理由

映画『トップガン』では、マーヴェリックが、教官のチャーリーから、ママに嫌われたのと聞かれるシーンが注目されていました。

これには、どういう理由があったのでしょうか。

マーヴェリックは、チャーリーと出会ったとき、教官とは知らずに彼女のことを口説きます。

ここで、マーヴェリックに向かって、チャーリーが、ママに嫌われたのと聞くわけでした。

この理由は、先述のとおり、マーヴェリックという通称が「異端児」や「変わり者」を意味していて、変わり者であった牛飼いの名前から転じて「母親のいない子牛」という意味もあるからだったのです。

さらにチャーリーは当初、「マーヴェリック」が通称ではなく、本名だと思ってしまったという経緯もありますね。

このように、理由が分かれば、いたって納得できることでしょう。

ここまで、映画『トップガン』に関することを取り上げてきました。

伝説的な作品として知られ、ハイテンションな感じのストーリーである一方、けっこう、興味深いエピソードもあったのですね。

2021年に公開予定の映画『トップガン マーヴェリック』にも期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)