ワイルド・スピード9 ジェットブレイクのあらすじや主要キャストの役名とキャラ紹介

ワイルド・スピード9 ジェットブレイクのタイトル画像

人気アクション映画といえば、欠かせないものとして、映画『ワイルド・スピード』シリーズがありますよね。

ここでは、そのなかから、最新の作品である映画『ワイルド・スピード9ジェットブレイク』について、ピックアップしていきたいと思います。

はたして、映画『ワイルド・スピード9ジェットブレイク』とは、どういった作品だったのでしょうか。

映画『ワイルド・スピード9ジェットブレイク』のあらすじもご紹介していきたいと思います。

また、この記事では、映画『ワイルド・スピード9ジェットブレイク』の主要キャストの役名、キャラクターの紹介もしていきますので、さっそく、ご覧ください。

【関連】

1.映画『ワイルド・スピード9ジェットブレイク』とは

ハリウッド映画を代表するカーアクション映画が、映画『ワイルド・スピード』シリーズでしょう。

そんな映画『ワイルド・スピード』シリーズの最新作となるのが、映画『ワイルド・スピード9ジェットブレイク』です。

公開は2021625日と決まっていました。

ジャスティン・リン監督作品です。

映画『ワイルド・スピード』シリーズは、2001年の映画『ワイルド・スピード』からスタート。

以後、2003年に『ワイルド・スピードX2』、2006年に『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』、2009年に『ワイルド・スピード MAX』、2011年に『ワイルド・スピード MEGA MAX』、2013年に『ワイルド・スピード EURO MISSION』、2015年に『ワイルド・スピード SKY MISSION』、2017年に『ワイルド・スピード ICE BREAK』が公開されてきました。

このように、映画『ワイルド・スピード』シリーズは、ずいぶんと歴史のあるシリーズだったのですね。

ジャスティン・リン監督は、これまでに、『アナポリス 青春の誓い』、『スター・トレック BEYOND』といった映画を監督してきました。

映画『ワイルド・スピード』シリーズでは、『ワイルド・スピード MAX』、『ワイルド・スピード MEGA MAX』、『ワイルド・スピード EURO MISSION』を監督しており、実に2作ぶり、8年ぶりの復帰となります。

2.映画『ワイルド・スピード9ジェットブレイク』のあらすじ

ドミニク・トレットは、息子であるブライアンを誘拐されてしまいます。

さっそく、ドミニク・トレットは、ブライアンを誘拐した犯人を追いましたが、その先にいたのは、彼の弟であるジェイコブ・トレットなのでした。

さらに、ジェイコブ・トレットは、サイファーの手下になっていたのです。

その後、ドミニク・トレットに攻撃してくる、ジェイコブ・トレット。

こうして、ドミニク・トレットは、ジェイコブ・トレットとバトルを展開していくことになるのでした。

3.映画『ワイルド・スピード9ジェットブレイク』の主要キャストの役名

映画『ワイルド・スピード9ジェットブレイク』の主要キャストとその役名に移りましょう。

ドミニク・トレット役はヴィン・ディーゼルさん。

レティ・オルティス役はミシェル・ロドリゲスさん。

ミア・トレット役はジョーダナ・ブリュースターさん。

ローマン・ピアース役はタイリース・ギブソンさん。

そしてテズ・パーカー役はクリス・リュダクリス・ブリッジスさんです。

ヴィン・ディーゼルさんは、1967718日 、アメリカ出身の53歳。

これまでに、『アベンジャーズ』シリーズといった映画に出演してきました。

ミシェル・ロドリゲスさんは、1978712日、アメリカ出身の42歳。

これまでに、『バイオハザード』『アバター』といった映画に出演してきました。

ジョーダナ・ブリュースターさんは、1980426日、パナマ出身の41歳。

これまでに、『テキサス・チェーンソー ビギニング』といった映画に出演してきました。

タイリース・ギブソンさんは、19781230日、アメリカ出身の42歳。

これまでに、『トランスフォーマー』といった映画に出演してきました。

クリス・リュダクリス・ブリッジスさんは、1977911日、アメリカ出身の43歳。

これまでに、『マックス・ペイン』といった映画に出演してきました。

4.映画『ワイルド・スピード9ジェットブレイク』の主役キャラクター紹介

映画『ワイルド・スピード9ジェットブレイク』の主役キャラクターといえば、やはり、もっとも気になるのは、主人公のドミニク・トレットでしょう。

ドミニク・トレットは、天才ドライバー。

ストリートレースで無敵の腕前を持ちながらも、もともとは強盗だったという、あまりにも異色の経歴の持ち主なのでした。

ドムの愛称で親しまれています。

ブライアン・オコナーと親しくなり、彼といっしょに悪党たちと戦っていくことになるのでした。

このブライアンはトレットの息子と同じ名前ですよね。

実はワイルド・スピードの初作では彼とトレットが主人公でした。

しかし、ブライアン・オコナーはシリーズ7作目の「スカイ・ミッション」を最後に出演していません。

トレットの妹ミアと結婚して息子を設けたため危険な任務から引退したためです。

こうした過去シリーズのストーリーも頭に入れておくと、さりげないセリフの意味もわかったりして楽しいですよ。

【関連】

このように、映画『ワイルド・スピード9ジェットブレイク』は、過去の映画『ワイルド・スピード』シリーズの作品にひけをとらない作品となることでしょう。

今回も、ドミニク・トレットをはじめ、キャラクターたちのアクションから目が離せなくなること請け合いです。

それでは、この映画『ワイルド・スピード』シリーズの待望の最新作が公開されるのを楽しみに待ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です