映画モンスターハンターの続編が制作されない理由やアジア人差別シーンを調査

映画モンスターハンターの続編が制作されない理由やアジア人差別シーンを調査

2020年に公開されて、おおいに話題をさらうこととなった、映画『モンスターハンター』。

今回は、そんな映画『モンスターハンター』について、特集していきたいと思います。

映画『モンスターハンター』とは、いったい、どのような作品だったのでしょうか。

さて、映画『モンスターハンター』といえば、続編が制作されないことも注目されていたのですが、その理由とは

また、映画『モンスターハンター』には、おどろくべきことに、アジア人差別シーンなるものもあったため、こちらについても取り上げてまいります。

それではさっそく、ご覧ください。

映画 モンスターハンターの動画を無料で視聴する方法と最適なVODやDVDレンタル状況映画 モンスターハンターの動画を無料で視聴する方法と最適なVODやDVDレンタル状況

1.映画『モンスターハンター』とは

映画『モンスターハンター』は、カプコンのゲームが原作。

ポール・WS・アンダーソン監督作品です。

詳細は後述しますが、その内容は、新世界を舞台に、人類とモンスターが戦っていくというもの。

キャストは、主人公のナタリー・アルテミス役がミラ・ジョヴォヴィッチさん。

ハンター役がトニー・ジャーさん。

大団長役がロン・パールマンさん。

リンク役がティップ・“T.I.”・ハリスさん。

マーシャル役がディエゴ・ボネータさん。

ダッシュ役がミーガン・グッドさん。

スティーラー役がジョシュ・ヘルマンさん。

アックス役がジン・アウヨンさん。

ハンドラー役が山崎紘菜さん。

エイデン役がヤニク・シューマンさん。

そして、リア役がナンダ・コスタさんでした。

映画『モンスターハンター』には、日本人の若手女優も出演していたということで、ますます興味は強まるのではないでしょうか。

2.映画『モンスターハンター』のあらすじ

新世界では、人間とモンスターが共存していました。

さて、そんななか、生物を狩るハンターは、ディアブロスというモンスターに船を襲撃されて、仲間を見失ってしまうことに。

一方、現実世界では、アメリカ陸軍のナタリー・アルテミスと、国連のセキュリティチームが、砂漠で所在が分からなくなっている兵士のチームを探していきます。

が、みんなは、嵐によって新世界に入ってしまい、ディアブロスに襲撃されてしまったのでした。

からくも生き残った者たちは、ネルスキュラというモンスターたちに襲撃されてしまい、主人公のナタリー・アルテミスは、毒を注射されてしまいます。

また、ほかのメンバーがナタリー・アルテミスを救助しようとしたところ、またしてもネルスキュラが出現して、襲撃されてしまったのでした。

やがて、ナタリー・アルテミスは、気が付いて、状況の凄惨さを把握すると、ネルスキュラに反撃して、逃亡。

そして、ナタリー・アルテミスは、ハンターと力を合せていくことにします。

3.映画『モンスターハンター』の続編が制作されない理由

映画『モンスターハンター』といえば、どういうことか、続編が制作されないということも注目されています。

この理由とは、いったい、どういうものだったのでしょうか。

映画『モンスターハンター』は、実は、興行収入面で爆死していたのでした。

予算は6000万ドルだったのに、興行収入は3100万ドルしか行かなかったのですね。

また、映画『モンスターハンター』への評価も、アクションなどが評価された一方で、脚本、演出、編集は評価されていません。

これではたしかに、映画『モンスターハンター』の続編が制作されないのも、うなずけるかもしれませんね。

さらに、映画『モンスターハンター』の続編が制作されない理由としては、次でご説明しますように、アジア人に対する差別的と評価されたシーンの問題も関係していたようです。

いずれにしましても、映画『モンスターハンター』の続編に期待したいものですね。

4.映画『モンスターハンター』のアジア人差別シーン

さて、映画『モンスターハンター』には、おどろくべきことに、アジア人差別シーンなるものが指摘されていました。

これは、どういうものだったのでしょうか。

劇中で、中国系アメリカ人と相棒である白人との会話において、膝を意味する「ニーズ」と、中国人を意味する「チャイニーズ」をかけたダジャレが登場するというシーンだったのです。

制作者サイドは差別的な意図はなかったと釈明したものの、中国では、あくまでも人種差別だと受け取られてしまって、反発されたということでした。

なんでも、中国人だけではなく、日本人まで差別する膝に関するアメリカの童謡があり、これにちなんだ差別だと思われてしまったのです。

仮に、本当に、制作者サイドに差別的な意図がなかったというなら、災難ですが、こういった問題は本当に難しいものですね。

とはいえ、中国はもちろん、日本の観客の方々にも、映画『モンスターハンター』はぜひ、鑑賞していただきたいものではありますが。

映画 モンスターハンターの動画を無料で視聴する方法と最適なVODやDVDレンタル状況映画 モンスターハンターの動画を無料で視聴する方法と最適なVODやDVDレンタル状況

映画『モンスターハンター』は、非常に優れた娯楽大作と言えます。

しかし、その一方で、続編が制作されない、差別問題など、なにかと困った問題もあったようですね。

もっとも、映画『モンスターハンター』がエンターテインメントとして楽しめることに疑いはありません。

もしも、まだご覧になっていない方は、この機会にぜひ、ご覧いただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)